守られるプライバシー

デリヘルが副業として優れている点は、他の風俗に比べ自由度が高いということです。デリヘルは店舗型の風俗と違い、風俗店に通うことはありません。店によって違いはありますが、自宅もしくは事務所から派遣先へと向かいます。風俗で働く人が気を使うことは、身ばれです。知人や家族にばれたくないことを絶対条件として挙げられますが、客に対してもいえることが多いのです。

仕事とプライベートは別物であるというのは当たり前として認識されていますが、知ろうと考えている人がいるのも事実です。特に風俗は肌を重ねることがありますので、勘違いする人がでてきます。そのため個人情報は守るようにされていますが、店舗ですと出待ちをされることがあります。ですがデリヘルは運転手が車で送迎を行いますので、それが明かされることはありません。

またその風俗の性質上アルバイト感覚のコンパニオンが多いため、店側も身バレやプライバシーの保護には敏感に対応しています。仮にそれを行わない店があったとしたら、コンパニオンの不評を買いそこで働く人がいなくなってしまいます。風俗は店側がどんなに宣伝を行っても、実際に客に接するのはコンパニオンであり、彼女たちがいないことには仕事は行えません。店側はコンパニオンの不評を買うことは行わないのです。

副業に最適な理由

前項で示したように、副業の主な目的はお金です。現在必要な場合。未来を見越して必要と考える場合。次のステップや目的のために必要な場合など人によって理由は様々ですが、目的に必要な手段としてお金というものはどうしても必要になってくるのです。ですが長期的なプランを除いては、仕事終わりの余暇を利用して貯めるというのは時間がかかり、目的によっては年齢や時期などの時間制限があるケースもあります。また目的によってはお金はあくまで手段であり、そうなると手段には時間はかけたくありません。

デリヘルは店によって違いがありますが、基本給という概念はありません。仕事、つまりお客につきサービスを行うとお金が発生するいわば出来高払い制になります。出来高払いとなると給料が良くないイメージがありますが、拘束時間が短く短期間で稼ぐとなると、時給による基本給よりも出来高払いのほうが効率が良く、リピーターをつけることにより収入も安定させることができます。

リピーターがつくと、サービス料金だけでなく指名料もつきますので、まさに自分の努力により収入に差が生じる仕事といえるでしょう。お金という手段のための副業としては、デリヘルはまさに最適な仕事だといえるでしょう。

副業には風俗求人を

最近テレビで副業を認めている会社を特集することがありますが、実際に社会で働いているかたにとっては寝耳に水の話でしょう。昼間働いて、そして夜にも働く。庶民にとっては景気が一向に改善する兆しを感じなくては、多少の無理は仕方のないことだと思われても当然です。ですがテレビで副業を推奨といいつつ、格好の良いことばかりを放映し、現実には良いことなどほとんどありません。なぜ副業をやりたがるのか、スキルアップをテレビでは答えとして報じていましたが、現実は“お金”以外にありません。

睡眠時間を減らし、体にムチを打って副業をやって、それから得られるスキルアップにどれだけの価値があるのでしょうか?仮に給料がアップしても、その苦労の価値があるのかいささか疑問です。それだけの苦労(努力)を行ったからには、それに見合うだけの報酬を得られないとモチベーションは保てませんし、当然長続きはしません。また副業を認めている会社は少ないのが現状です。これらのことを踏まえると、副業は短期長期関係なく、拘束時間が少なく、実入りが多いうえに、周囲にばれない仕事というのが理想といえます。この条件に適しているのが風俗求人です。

風俗は本名では仕事を行いませんし、働く女性のために素性を隠すことを行ってくれます。デリヘルですと好きな時間を利用して働くことができ、拘束時間も少なくて済みますし、なにより実入りが多いので、現実的な副業としては最適だといえるでしょう。